医師人生最大の経済的ピンチ?! 留学中の給料について

「僕、子供3人いて留学したから1本(1000万円)なくなっちゃったよー。」「一時帰国中は当直バイトばかり。出稼ぎ労働者みたいだったけど、あれで何とか生きていけた。」など、留学帰りの諸先輩方の武勇伝的貧乏話?は尽きません。しかし、留学してみて実際に感じたのは、確かに収入は半減しますがポスドクの最低賃金はNIHの給与規定に沿っており、それほどひどい状態にはならないということです。

具体的には、下の表がNIH基準のポスドクの最低賃金です。経験年数とともに昇給し、2019年度は2017年度と比較し5%程度アップしているのがわかると思います。これは現在好景気のアメリカではめずらしいことではないのですが、大学院で学位(PhD)を取得してすぐに留学しても5万ドルの給料が保証されているというのは少し意外に感じる人もいるのではないでしょうか。古い留学ブログを見ると、「NIH基準は守られていない場合が多い」と書いている人もいますが、少なくとも名の知れた大きな研究機関でそのような雇われ方をしている人は少数だと思います。私は最初日本からのフェローシップを持って留学し、NIH基準に足りない部分をボスに補填してもらう形で給料をもらっていたのですが、金額や期間などを書いたフェローシップの証明書を事務にしっかり提出させられました。「NIH基準以上で雇用している」ことを証明するのは彼らにとっても大切なようです。

J-1ビザで留学する医師研究者は2年間は納税が免除されますし、自己負担の健康保険料(施設によりますが$40-60/人/月ほど)の支払いくらいで、上記の給料の大半は生活費として使えます。私たちが留学していたベイエリアと言われる西海岸や、東海岸のニューヨークは家賃も物価も日本よりずっと高いですが、それでも何とか暮らしていける範囲ではないでしょうか。私たちはそれぞれ継続していくつかのフェローシップを獲得したり、夫は業績を出し途中から昇給したりで、出産という大出費がありつつも(留学中の出産についてはこちらをご覧ください【近日中公開】)、事前の予想よりは経済的に恵まれたポスドク生活が送れました。ただ、勿論これは棚ぼた的に起こったことではなく、私たちがグラント書きなどに挑戦し続けた結果です(留学中のグラント・フェローシップについてはこちらをご覧ください【近日中公開】)。研究費獲得はそれ自体も業績として評価されるので、皆さんも是非積極的にチャレンジしてみてください。研究留学を終えて日本に帰ってすぐの頃に同期の医師に勝てるのは、研究に関する能力くらいです。最初は納得いくものが書けなくて苦労するかもしれませんが、きっとその経験も財産になります。ましてや、フェローシップは研究費と違いそのまま収入となるため、一石三鳥くらいの価値があります。私が獲得した一番小さなフェローシップは50万円ですが、それでもFXでそれだけ稼ごうと思えばそれなりにリスクをとり時間をかけ運用する必要があり大変です(2億り夫婦の資産運用についてはこちらをご覧ください)。留学を単なる経済的に苦しかった期間するか、それと向き合い資産運用や研究費獲得の能力を磨いた期間にするかは、留学する人次第なのかもしれません。どうせなら医師としても人としても生き抜く力を身に着ける有意義な時間にしたいですね。私たちは共通の趣味のようにどちらも頑張り楽しかったですし、結果として夫婦の絆も深まったように思います。

資産管理・運用のために留学前におすすめする手続き

留学を検討中の医師にとって収入は大きな心配事の一つだと思います。特に家族がいる場合、「貯金を数百万円の単位で切り崩した…」なんて話も聞きますね。実際、私たち夫婦も日本で勤務医をしている時の半分以下の給料になりました(ポスドクの給料についてはこちらの記事をご覧ください)。二人それぞれフェローシップを確保して、NIHが定める賃金+α(少しですが)の給料をもらっていたにも関わらずです。でも、その分それまで資産運用にあまり関心のなかった私(妻)にとっては投資やFXについて勉強するいい機会になりました(2億り夫婦の資産運用についてはこちらの記事をご覧ください)。あとは銀行口座開設ボーナスやクレジットカードなどアメリカならではお得な案件に取り込むモチベーションにもなりました(銀行口座開設・ボーナスについてはこちらの記事【近日公開】、クレジットカード作成・お得情報についてはこちらの記事【近日公開】をご覧ください)。

そんな医師生活で最大の経済的苦境となる海外留学、出発前は何かと多忙ですが、海外に転出した後ではできない手続きも多いので、留学中の資産管理・運用のために以下の点を注意されることをおすすめします。

海外で現地通貨を引き出せる口座の開設

アメリカはキャッシュレス社会でコーヒー1杯でもカード払いするのが普通です。しかし、クレジットカードヒストリーができてアメリカのカードが作れるようになるまでは約5,6か月かかり、その間は日本のクレジットカードや現地で開設した銀行のデビットカードを使うことが多くなります(銀行口座開設・ボーナスについてはこちらの記事【近日公開】、クレジットカード作成・お得情報についてはこちらの記事【近日公開】をご覧ください)。また、留学直後は何かと現金が必要になることもあります。

私たちは三井住友銀行系のSMBC信託銀行PRESTIAにプレスティアゴールド口座(預入額1000万円以上)を開設して現地通貨を引き出せるようにして留学しました。利点としては、①海外ATM 引出手数料無料②海外送金手数料無料、があります。②は結局利用せず、①は渡米後すぐに現金が必要になった時に数回利用しましたが、たいがいどこのATMでも利用できトラブルもなく役立ちました。また、時期によっては「海外大学院留学サポートプログラム」として海外の大学院に留学をする人を対象として(医師のポスドク留学が該当するかは不明)、預金額によらずプレスティアゴールド口座と同じ上記①②のサービスが利用できるプログラムもあるようです。詳しくはSMBC信託銀行PRESTIAのサイト(https://www.smbctb.co.jp/)をご確認ください。あと私たちは利用しませんでしたが、三菱UFJ銀行を通して日本からアメリカのユニオンバンクの口座を開設することができるサービスもあるようです。ただし、手続きを開始してから実際にATMカードが自宅に届くまで1か月程度はかかるようなので、早めの手続きをおすすめします。

日本の銀行のオンラインバンキングの開設・有効化

皆さん日本の銀行口座をいくつかお持ちだと思います。そして、インターネットバンキングで入出金の管理をされている人も多いでしょう。しかし、実際にパスワードカードを有効化し振込ができる状態にまでされていますか?私はいくつかの口座でこの手続きをしておらず、結果として留学中にお金を動かせない状態になり苦労しました。

まず、インターネットバンキングでお金を動かすためには、各銀行のサイトから自分の口座にログインし、パスワードカードを有効化する必要があります。そして、パスワードカードにはアプリ版がありダウンロードすればすぐに手続きが完了すると思いきや、電話番号認証が必要になります。日本の携帯を休止していた私はここで躓き有効化ができませんでした。日本の家族にも協力してもらいましたが、「電話番号の変更は本人が窓口に行かないとできない」の一点張りで結局断念しました。日本の携帯をそのまま留学先でも使用する人やすでにインターネットバンキングの有効化をしている人は大丈夫ですが、携帯を休止・解約されて留学を検討されている方はご注意ください。

証券・FX口座の開設は渡米後でもできる?

現在多くの証券・FX会社では日本非居住者の取引を禁止しており、渡米後の口座開設はできません。しかし、本ブログでも度々紹介しているヒロセ通商のLION FXとセントラル短資のダイレクトFXでは、米国居住者でも口座を開設して取引をすることができます。実際に夫は留学中にヒロセ通商の口座を開設し高金利通貨スワップ投資を行い、8か月で157万円の利益を得ました(高金利通貨スワップ投資についての記事はこちらをご覧ください)。ポスドクの給料が5,6万ドルなのでこれは年収の約1/4、我が家にとってはとても大きな収入でした(それ以来我が家では夫のことをせしめ大臣と呼んでいます)。二社ともスワップポイント・スプレッドが有利な証券会社で、2億り夫婦も好んで使っています。また、アプリも使いやすくFX初心者にもおすすめです。私(妻)も留学中に開設しFXデビューしました(FXを初めてみて(妻)の記事【近日公開】をご覧ください)。

現在、ヒロセ通商のLIONFXで口座開設して取引をすると、最大50,000円のキャッシュバックが得られるキャンペーンを実施中です。口座開設は下記のリンクからどうぞ。



また、すでにFXの経験のある方は海外FXに挑戦してみるのもいいかもしれません。夫の記事にもあるGEM FOLEXは米国居住者でも口座開設でき、2万円や入金額の100%あるいは200%の証拠金プレゼントという破格のキャンペーンを定期的に行っています。彼はこれを利用してUSD/JPYさやがめというさや取りの応用版を編み出し実践しています(詳細はこちらをご覧ください)。

Image result for GEMFOREX